40歳をを過ぎても、結婚する相手を見つけられない、そのため結婚できない…

40歳をを超えているのに、結婚する相手に出会うことができない、…

40歳を過ぎた男女が、結婚する相手が見つからない、それが理由で結婚できない、はウソ。40歳を超えていようが、真面目に、真剣に結婚相手を探し、相手に断られてもめげない人が結婚のチャンスはあるはずです。その年齢まで残っている人たちは、それぞれが色々な経験をしているため、結婚相手の性格は、こうあるべき、また、年収や容姿はこうでなければと希望条件を細かく設定してしまうことが原因になっているケースが多々あります。無論、自分自身で婚期を遅らせているわけです。また、40オーバーの独身の男女は、一人の期間が長かったこともあり楽をしたい、自由でいたいという気持ちもあって、自然に、結婚相手に対する要求が高くなってしまう。自分では気づきにくいのですが、客観視してみれば、単に「高望み」しているだけかもしれません。

婚活でやっているパーティーとか結婚相談所に登録する前は、…

婚活パーティーとか結婚相談所に登録をする前は、マッチングサイトもやっていました。自己紹介欄を拝見して気が合いそうな相手の方にメールを送信したり、その逆に送ってもらったりして、何度かサイト内でやり取りして意気が合って…とここまではいつもとんとん拍子に進行するのですが、どうした訳か「近いうちお時間があえば一度お会いしませんか」と切り出したら、「近頃忙しくて、時間を作るのは難しい」という感じで断られてしまうことが本当に何回もありました。訳はよくわからないのですが、もしかしたらメールのやり取りだけで十分なのか、ともかくその先へ進むことが他のものとは違って巨大な障害なのです。メールでのやり取りだけでは時間がもったいないと感じるのですが、思いのほか男の人はそうではない方がたくさんいらっしゃるみたいです。そんなわけで私の場合早いうちにマッチングサイトは終わらせました。それに、メル友が欲しいという方でないなら、婚活は他の手法の方が何倍も素早く相手を見るけられると感じます。