40歳をを超えているのに、結婚する相手に巡り会えない・・

40歳以上の人たちが、結婚相手になかなか巡り合うことができない・・

40歳以上の方が、結婚する相手になかなか巡り会えない、それが理由で結婚できないというのはウソ。40歳以上の人に限らず、本気で結婚したいという気があり、婚活で断られてもめげない人であればいつかは結婚できるはずです。その年齢まで結婚していない人たちは、それぞれが色々な経験をしているため、結婚相手の性格は、こうでないと困る、また、年収はこれくらいないと困る、ルックスは、、、と決めつけてしまっていることが原因になっています。言うまでもなく、自分自身で婚期を遅らせてしまっているのわけです。さらに、40オーバーの独身の男女は、一人で過ごす期間が長かった分自分ではそう感じていなくても楽をしたいと思う気持ちがあって、どうしても、相手に対する要求も高くなってしまうようです。自覚はしていないかもしれませんが、よくよく考えてみると、もしかすると「高望み」なのかもしれません。

婚活パーティーや結婚相談所に登録する前は、並行してマッチングサイトも行っていました。

私が婚活でやっているパーティーや結婚相談所を始める前は、並行してマッチングサイトも行っていました。自己紹介欄を拝見して気が合いそうな相手の人に積極的にメールを送ったり、その反対に受信したりして、サイトの中でやり取りをして意気投合して、いい感じ…とここまではたいていとんとん拍子に進行するのですが、どういう訳か「近々お時間があったら会いませんか」と切り出すと、「最近多忙で難しい」と拒否されてしまうことが本当に多くありました。理由ははっきりとはわかりませんが、メールでのやり取りだけで満ち足りてしまっているのか、何よりその先へ進むのが他の婚活とは違い巨大な正念場なのです。メールでのやり取りのみだと時間がもったいないと考えるのですが、男の人はそうではない人が多数いるみたいです。だから私は早々にマッチングサイトは終わらせました。また、メル友を探している人以外は、婚活は他の手法の方が何倍も早いうちに相手を見るけられると感じます。