40をを過ぎているのに、結婚相手になかなか巡り合うことができな・・

40をを過ぎているのに、結婚相手が見つけられない、そのせいで結婚できない、…

40歳を過ぎた人が、結婚する相手が見つからない、結婚できないというのは間違っています。40歳を過ぎた人だろうが、本当に結婚したいという気がある、婚活で少々の挫折を経験してもめげない人ならいつかは結婚のチャンスはあるはずです。40代まで独身でいる男女は、それぞれがいろんな経験をしているため、結婚相手の性格は、こうあるべき、年収はこれくらい必要だし、見た目はやっぱり、、と希望条件を設定しすぎてしまうことが多々あります。当然ながら、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを潰しているわけです。さらに、40歳以上の男女は、一人で過ごす期間が長かった分自分ではそう感じていなくても楽をしたいと思う気持ちがあって、知らず知らずに結婚相手に対して求めることも高くなってしまうのです。自分ではわかっていないかもしれませんが、客観的に見てみれば、「高望み」しているのかもしれません。

私が婚活パーティーとか結婚相談所に登録をする前は、並行してマッチングサイトも登録していました。

私が婚活でするパーティーや結婚相談所を始める前は、並行してマッチングサイトも活用していました。プロフィールを覗いて気が合いそうな相手の人にメールを出してみたり、その反対にもらったりして、何回かサイト内でのやり取りを行って意気投合して…とここまではいつでもわりと行くのですが、なぜか「近いうちお時間があえばぜひ会いませんか」と申し出たら、「最近多忙で、時間を作るのは難しい」と拒まれてしまうことが本当に多数ありました。訳はよくわからないのですが、もしかしたらメールで行うやり取りのみで満ち足りてしまっているのか、とにかくその先へ進むのが他の婚活とは違って巨大な正念場なのです。メールでやり取りを行っているのみではその時間がもったいないと考えるのですが、思ったよりも男性側はそうではない方が多くいらっしゃるみたいです。私の場合すぐにマッチングサイトは終わらせました。また、メル友を探している方以外は、婚活は他の手段の方がマッチングサイトより何倍も素早く相手を発見できると思います。