結婚活動(婚活)では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた…

婚活(結婚活動)では、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた・・

婚活をしている人のなかには、結婚相手に求めることとして愛情!なんて言う人もいるでしょう。しかし、現実には、プロフィールで一番最初に気になってしまうのは顔なんです。次に年収、その次に職業です。そういう根拠は、見た目が良くない人、はどちらも婚活市場では人気がありませんし、年収が500万円以下の男性は会うこともできないのです。職業について女性の場合、若くもないのに家事手伝いなどと記入すると、仕事をする気持ちが無い、と見られて男性からは結婚対象としてはずされる可能性が高いです。こういった婚活で重視される部分を理解しておかないと、まず第一段階の会って話をする段階すら踏めず、通算で何十連敗、、と最悪な状況に陥ってしまうおそれがあります。

「結婚はするつもりではいるけど、今はまだ結婚活動をするには早いかな…」…

「子供も持ちたいし、結婚願望はあるけれど、今婚活するのは時期尚早かもしれない」なんて感じているのだとしたらその認識は間違っています。また、あなたが女性なら、可能であれば、20代前半から婚活をしておいた方が無難です。世の中は20代の女性と30代以降を比べると、正直なところ、需要がかなり違ってくるのです。当然のことながら、若い女性の方が有利となり、理想に近い相手とめぐりあう確率も高くなります。加えて、婚活は自身で想像している以上にパートナーにめぐり逢い、結婚するまでの時間を要します。数年婚活をしても理想とする相手に恵まれないなんていう女性は無数にいます。そういった理由から、そんなことにならないためにも、できるだけ、早期に対策を講じておくのが良いかもしれません。