結婚活動をしてみるとわかることですが、どういう訳か、体も心もすごく疲れます。

実際に婚活をしていると分かりますが、なぜだか、心身共にかなり疲れます。

  • 婚活をしてみると分かりますが、なぜだか、とても疲れます。結婚活動をするようになってから、恋愛を足がかりに、スムーズに結婚している人のことがものすごい能力を持っているのでは、と思えて仕方ありません。これまでの日常生活に婚活、というものを加えただけで、なぜ、こんなに疲れがたまるのかなあとじっくり考えた結果、「真面目に婚活しているのに、理想の男性に会うことができない」ことが最大の原因であるのは間違いないです。40歳直前になっても結婚活動を続けていると、自分よりも相手のほうが若いことも多く常識を欠いたような人と出会うこともあります。そういう人と接するだけで、かなりのストレスに・・・。名前も教えてもらえなかったり、あいさつをまともにできない人や、職業を隠したまま口説いてくる人、社会人として問題のある人との婚活はかなり心身に負担が掛かります。周囲の人たちみたいに、普通に結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。
  • これから男性と会うのが婚活でするパーティーと異なりお見合いの場・・

  • これから男性と会うのが婚活でやっているパーティーと違いお見合いは衣装のお金もそれなりに必要です。というのも、お見合いをやる場所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店が多いので、適当な服装では出掛けることができないためです。婚活イベントだと、カジュアルであってもデニムやスウェットとかも女の人らしく下品な格好にならなければ問題はないのですが、ホテルに赴くとなると、ドレスコードのある場合もありますしそういった訳にはいきません。コーディネート的には安っぽくないワンピースや上品なスカート、靴に関してもヒールを履きますし、そのうえ華やかさを加えるアクセサリーも忘れてはいけません。バッグも小さめのハンドバッグ、とか、日頃カジュアル系を好む女の人ならないものばかりで頭を抱えます。お見合いの時のお茶代は男性が払ってくれますが、お見合いを婚活の方法に選んだ女の人は、ある程度衣装代に関する支出については、しっかり理解しておく必要があります。