結婚活動において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場・・

結婚活動において、結婚する相手に求めることとしてお金よりも愛情を優先していた…

婚活(結婚活動)では、結婚相手に求める条件としてお金より愛情に重きをおいていると言う人もいるでしょう。しかし、実際、プロフではじめに注目されるのは「顔」です。次に年収、次に職業がチェックされます。その根拠として、ブサイクな見た目、は候補になることもなく、年収が500万以下の男性の場合ですと、女性との出会いのチャンスが少なくなります。職業に関して女性の場合だと、セレブでもないのに家事手伝い、と記載していると、働いて家計を支える気なんてない女性、と男性からは判断されてしまい、結婚相手として除外される可能性があります。こういった結婚活動で重視されることを理解していないと、まず第一段階である直接会って話をするところまでいかず、気がつくと何十連敗、、と最悪なパターンに陥ってしまうかもしれません。

「結婚はしたいけれど、今はまだ婚活をするのは早すぎ…

「結婚はするつもりではいるけど、今はまだ婚活をするには早いかな…」と思われているとしたらそういうのは大きな間違いです。また、女性の場合は、婚期を逃さない意味でも、20代前半から婚活を意識しておくのが無難です。男性からすると20代の女性と30代以降を比べた場合、正直、需要が大きく異なります。当然のことながら、若い女性の方が有利となり、理想と思える男性をゲットする可能性もとても高くなります。それに加えて、婚活は自分が思っている以上にいい男性に出会い、結婚するまでの時間が掛かります。結婚活動を長くしているのに、理想とする相手が見つからない、なんていう女性は無数にいます。従って、「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、できるだけ、早めに結婚活動を検討しておくのがお勧めです。