最近の婚活においては、年収300万前後の男性だった場合…

近年の婚活市場において、男性の年収が300万円程度の場合…

昨今の婚活では、男性の年収が300万円クラスの場合だと、資格のある女性、正社員として働ける女性が魅力に見えます。それが、年収が500万円前後の場合は、アルバイト程度でも良いので、少しは働く意思を持っていると完全な専業主婦にはならない気持ちを強調しておくべきです。そしてまた、年収が700万円超えの場合なら、完全に専業主婦になる覚悟があり、きちんと育児や家事などにがんばるつもりだということをアピールするのが正攻法です。このように年収ごとに対応を変えておくと、男性としては自分の将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすいのです。時間をムダにすることなく、有利に婚活をコントロールできるはずです。

結婚活動をしていて、デートをするなら、メイクやファッションだけでなく、靴にも気を配らなくてはいけません。

婚活時のデートをするなら、ファッションやメイクだけでなく、足元まで気を配っておかなくてはいけません。デートで履いていく靴は思いのほか男性の目に留まるものです。そんなわけで、気を付けておきたいところです。女性らしさは結婚活動をしていくうえで、重要な要素と言っても過言ではないのです。意外にも靴は、女性らしさをアピールするための道具なのです。カジュアルすぎて、女らしさを感じさせないローファーやスニーカーはダメです。また、フラットなパンプスならばいいのかというと、魅力的には映りません。最低でも3センチ分のヒールがシチュエーションには適している、とおぼえておきましょう。ただし、ヒールはほどほどが肝心です。7センチを超えるタイプは、脚はきれいに見えますが、家庭的ではないと判断されて結婚のチャンスを逃すリスクとなるので、これまた避けたほうが安全に婚活を進められるはずです。