恋愛を足掛かりにして結婚をしていくためには、あれこれとハードルを超えていく必要があるのです。

恋愛を経てから結婚していくのは、乗り越えなくてはいけない壁も多く、乗り越えなくてはなりません。

恋愛して結婚して夫婦になるには、壁も多いです。まずは、相手との相性や生活の相違点などを嫌だと思わないかどうかです。相性についていえば、趣味やセンスの部分になるかと思います。そして、価値観に関しては、大切なものは何か、でしょうか。お金・仕事・家庭などそれぞれに感じる価値観はそれぞれで違います。生活に関しても、細かく言えば起床や就寝の時間も違って当たり前です。すべてが一緒でないとうまくいかないわけではありません。そしてまた、似通っている必要もありません。先にも記載したように、容認できるかどうか(無理なく)、です。加えて、外見だけで判断すれば結婚は難しくなるでしょう。別の見方をすると、婚活の攻略法はそこに尽きる、といっても良いでしょう。いずれにしても、相手の内面を見ないと結婚とはいかないでしょう。従って婚活では、人をきちんと見極めることが必要です。洞察力が鋭くなれば、婚活での失敗を防げるはずです。

何回か行ったことがある婚活を目的にしたイベントで、高校の・・

何回か行ったことがある婚活でやっているパーティーの場で、中学の時の同級生とばったり会ってしまったことがちょっと前にありました。私が結婚するために婚活していることを誰にも知らせることなく、こっそり話を進めていたのに、婚活イベント会場で、どこかで見た顔が・・・。よりによって学生の時のクラスメイトと会ってしまうなんて!イベント開始直後は、はっきりと誰かわかっていたわけではなく、会話する機会があったときに、名前を見て、そこでようやく思い出しました。そのことを相手も気が付いていて、気まずそうでした。しかし、内緒にしてきた婚活しているのを知られて、私は、その比ではないほど、恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまいました。