彼氏彼女という恋愛関係から結婚に繋げるためにはさまざまなハードルがつきものです。

恋愛を足がかりに、結婚をしていくためには、あれこれとハードルを超えていく必要があります。

恋愛を足がかりに、結婚を成功させるには、乗り越えなくてはいけない壁も多いです。第一に、自分自身と相手との相性問題や、生活の相違を尊重しあえるかどうか、です。相性に関して言えば、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観についていうと、大切なものは何か、といったことになるかと思います。お金、仕事それに物などそれぞれに感じる価値観はそれぞれで違います。生活の部分に関しても、細かく言うと起床や就寝の時間も違います。すべてにおいて同じでないと結婚が難しいわけではありません。また、似通っている必要もありません。上記にも記載したように、容認できるかどうか(無理なく)、です。それ以前に、外見で判断すれば結婚には繋がらないのです。別の見方をすると、それらをクリアすれば、婚活の難易度はかなり下がります。とにかく、相手の内面を知らない限りは、結婚は難しいものです。ですから婚活をしていくつもりなら、相手の中身を含むすべてを観察する能力がポイントになっています。人の内面を見る力が優秀になるほど、結婚活動であなた自身にピッタリなパートナーも見つけやすくなります。

数回参加したことのある婚活でするパーティーの場で、中学生の時・・

数回行ったことのある婚活を目的にしたイベントで、高校の時の知り合い(男性)にばったり遭遇した失敗談があります。私が婚活しているということは、友達にも知られるのが嫌で、ひとりで活動していたのですが、婚活の場で、なぜかどこかで見た顔があるのです。学生時代の知り合いとばったり再会するなんて!イベントが始まってすぐは、はっきりと誰、とはわからなかったのですが、会話する機会があったときに、名前の書かれたプレートを見て、そこでやっと思い出したのです。初対面ではないことに彼も気が付いていたようで、とても気まずい顔をしていましたが、秘密にしてきた婚活しているのを知られて、私はその相手以上に、恥ずかしかったです。