実際に結婚活動(婚活)を続けていると、なぜだか、かなり疲れます。

実際に結婚活動(婚活)を続けていると、本当に疲れます。

  • 結婚活動(婚活)を続けていると、体も心もかなり疲れます。結婚活動に取り組むようになってから、恋愛を経て、スムーズに結婚できた人たちを見ると、相当に難しい試験をたやすくパスしたみたいに思えて仕方ありません。それまでの日常生活に結婚活動、をプラスしただけなのにどうして、こんなに疲れるのだろうと改めて考えた結果、「真剣に婚活しているのに、理想とする結婚相手にいつまで経っても巡り会えない」ことが最大の原因、という結論になりました。年齢が40代になる直前になっても、結婚活動(婚活)をやっていると、自分よりも相手のほうが若いことも多く常識もない人ばかりに知り合うこともあります。そのような人と関わるだけで、大きなストレスがやってきます。自己紹介をしない人、あいさつをまともにできない人や、職業を隠す人など、社会人として問題のある人との婚活は想像以上に疲れます。私はただ周囲みたいに、当たり前に結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。

  • これから会うのが結婚活動でやっているパーティーと異なりお見合いの場…

  • 結婚活動でやっているパーティーと違ってお見合いは衣装代もいります。なぜ衣装代が必要なのかというと、お見合いを行う場所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店が多く、その場の雰囲気を考えるといいかげんな装いではお出かけすることができないからです。婚活でするイベントであれば、カジュアルであってもデニムやスウェットとかも女性っぽく見た感じが下品な格好に見えさえしなければ問題はございませんが、やはりホテルに赴くとなるとそうはいかないのです。コーディネート的には安っぽくないワンピースとか上品なスカート、靴もヒールを履きますし、華やかさを彩るアイテムであるアクセサリーも欠かせません。それにバッグに関しても小さめのハンドバッグ、とか、普段カジュアル系を好む女の人であればクローゼットにないものばかりで頭を抱えます。もちろんお見合いの際のお茶代は男性が持ってくれますが、女性はある程度衣装代の支出のことは頭に入れておく必要があるでしょう。