実際に結婚活動(婚活)をしていると分かりますが、どういう訳か、心も体もとても疲れます。

婚活をしてみると分かりますが、どういう訳か、体も心もすごく疲れます。

実際に婚活をしてみるとわかることですが、どういう訳か、すごく疲れます。結婚活動(婚活)し始めてから、恋愛を足がかりに、スムーズに結婚できた友人たちを見ていると、相当に難しい試験をたやすくパスしたかのように考えてしまいます。それまでの日常生活に婚活、をプラスしただけなのにどうして、体も心も疲れるのだろうとよくよく考えた結果、「あれこれ努力しているのに、理想とする男性に巡り会えない」ことが最大の原因、という結論になりました。40代になっても結婚活動(婚活)していると、自分よりも相手のほうが若いこともあったりして常識もない人ばかりに毎回ではありませんが、出会うこともあります。そういうタイプの人と接すると、ストレスを感じてしまいます。名前を名乗らない人、挨拶もろくにできない人、職業不詳な人など。地雷ともいえる人と関わるほどに、滅入ってしまいそうです。周囲の人たちのようにただ普通に結婚したいだけなのになぁ。

これから会うのが結婚活動でするパーティーと違ってお見合い・・

これから会うのが結婚活動でやっているパーティーと違ってお見合いの場合は衣装代もそれなりにかかります。どうして衣装代がいるのかというと、お見合いの場所は高級ホテルのラウンジとか喫茶店などで行うことが多く、その場の雰囲気を考えると適当な装いではお出かけすることができないからです。それが婚活パーティーの場合、デニムやスウェットなども女の人らしく見た感じが下品な格好にならなければ差し障りないのですが、高級ホテルに出向くとなるとそうはいかないのです。安っぽく見えないワンピースとか上品なスカート、それに合わせ靴に関してもヒールを履きますし、華やかさを増すアクセサリーも忘れてはいけません。それにカバンに関しても小さめのハンドバッグ、など、日頃カジュアルファッションが好きな女の人であればクローゼットにないものばかりで困ります。お金をお見合いの時のお茶代は男性が出してくれますが、女性はある程度衣装代の出費については覚えておく必要があります。