婚活をキッカケに結婚というものについて理想や想いなどを再認識する方も多いのではないでしょうか。

結婚活動で結婚そのものに対し理想や想いなどを再認識する方もいるのではないでしょうか。

婚活によって結婚に対しての理想や想いなどを改めて認識する方も多いかと思います。そして、成婚できるかどうかのカギとして想いがどれだけあるのか?と結婚相談所の担当アドバイザーなどに言われることがあります。性別に関係なく、その時の自分の想いとして、「幸せな家庭をつくりたい」とか、「死ぬまで大切に思ってくれる相手と添い遂げたい」などと、答えるかもしれません。結婚生活、というものを長い目で見たとき、一生、生活するのにどれだけ合っているのか、空気のような存在になれるかが大事と言われていますが、ですが、現実はそうではないようです。実際は結婚してから結婚生活への不満を感じる、失敗した、という人たちに、その理由を尋ねてみたら、「夫、妻に対して関心がなくなったから」という旨の回答が大多数を占めるためです。

以前、結婚相談所に入会していた頃、お見合い用に撮られた写・・

以前、結婚相談所に在籍していた時、紹介してもらった相手のお見合い向けの写真と実際の姿との違いにびっくりすることは少なくなかったです。私は女なので、紹介してもらっていたのは男性ですが、特に髪の毛のボリュームがなぜか全く違うことがあるのです。初めての待ち合わせの際にその男性を見つけ出すことができないほど、写真より頭髪の量が圧倒的に少ないのです。その出来事を責める気持ちはないのです。また、髪が少ないことが嫌だというわけでもないし悪いという訳ではありません。とは言っても「写真の中に偽りがある」というのは、信頼関係にヒビができるのでは?と思うのです。写真撮影時にそうした量にできるのならば、大事なお見合い当日に一生懸命頑張ってセットしてきてもらいたいですし、できないのなら初めから本来の髪型で勝負すべきではないでしょうか。相手がそんな男性だと、嘘をつかれたような気持ちになって、お見合いにおいても気持ちが入らなくなってしまいます。男の方はしっかり考えて私と同じように思う女性は多いはずです。男性の方はよく考えてお写真を撮影した方が好ましいと思います。