今の婚活の市場では、年収300万クラスの男性に関しては・・

近年の婚活事情では、男性の年収が300万円クラスだった場合は・・

  • この頃の婚活で相手を探しているのなら、男性の年収が300万円前後だった場合は、やはり資格のある女性・正社員として働ける女性は大きな強みになっています。それが500万円前後の場合は、アルバイトをするくらいでも良いので、いちおう働く意思を持っていると、完全な専業主婦にはならないという気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。それ以上、つまり相手の年収が700万円を超えている場合は、専業主婦になる気持ちがあり、子育て、家事を真剣に取り組むつもりだということをアピールするのが正攻法です。このように、相手男性のニーズに合致した態度を示しておくと、相手は将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。何よりも楽に婚活の主導権を握りやすくなります。
  • 婚活中のデートをするときには、ファッションやメイクだけでなく、靴にも気を配る必要があります。

  • あなたが婚活をしていて、デートをするのであれば、足元まで気を配らなくてはいけません。デートで履いていく靴は思いのほか注目されるところでもあります。したがって、なんでも良い、というわけにはいきません。女らしさというのは結婚活動(婚活)をする上で、とても大事な要素と言っても過言ではありません。服やヘアメイクなどと同じで、靴も女性らしさをアピールするためのツールなのです。ボーイッシュなイメージで、女らしさを感じさせないローファーとスニーカーは絶対にNGです。さらには、ヒール丈の無いフラットなパンプスも男性から見ると、そんなに女らしいとは認識されません。少なくとも、3センチ分のヒールのある靴が上品ですし、女性らしさもあり好まれます。しかし、ヒールが好ましいからといって、7センチを超してしまうものになると、家庭的な要素から乖離しているとして、結婚のチャンスを逃すリスクとなるので、履かないほうがいいと思います。