これまで結婚活動サイトなどのネットを介して意気投合した異性…

今まで結婚活動サイトで気に入った異性と実際に外で会った・・

  • これまで婚活サイトなどのネットを介して接点を持った異性と実際に外で会ってみると、写真とは思っていたイメージと違っていた!というような展開は珍しくありません。というのは婚活サイト内に添付できるプロフ画像は、男女関係なく、実物の3割増で解釈しておくものである、と見るのが無難です。それは繰り返し、試行錯誤しながら撮影したなかの良さそうなものを選定している場合がほとんどなので、第三者が見たら「騙された」と思ってしまうのは、ある意味しょうがないのです。さらに今は、フォトショップみたいな画像加工ができるツールが個人でもカンタンに扱えます。ですから、婚活サイトでパートナーを見つけるつもりなら、相手の真実のルックスは、3割ほど低い姿を受け入れられるかどうかを判断してみてください。
  • 結婚活動(婚活)で出会った人との連絡を取る手段にLINEなどのSNSサービスを利用するのは…

  • 結婚活動(婚活)を通じてカップルになった人とのやり取りをするためのツールとしてLINEを使用するのはやめたほうが良いです。LINEは、カンタンに連絡しあえるという利点はあるものの、ほどよい緊張感すら無くなってしまうため、結婚を前提とするような真面目な付き合いにはまったく適しません。なので、メールを含めて、メッセージツール全般の使用はできるだけ回避しておきましょう。そして、あとは実際に話しをするのが一番です。直接の会話によって、メッセージ上で生じる誤解をなくし、相手に対するお互いの気持ちや結婚に対する価値観を手短に確かめ合うことができますし、結婚相手としてふさわしいかの判断がしやすくなります。要するに、面と向かってのコミュニケーションこそ結婚活動(婚活)を成就させる場合に必要であり、メッセージのやりとりには注意しましょう。