この頃の婚活市場において、男性の年収が300万円クラスの場合だと・・

婚活で相手を探しているのなら、男性の年収が300万円ぐらいだった場合…

この頃の婚活の市場では、年収300万前後の男性だった場合は、はっきりいって資格を持っている女性が有利となります。相手の年収500万円クラスの男性を対象にする場合は、アルバイトでも「私も家計を支えるために働くつもり」といった気持ちを表明しておきましょう。そして、700万円超えの場合なら、専業主婦として、育児、家事にがんばるということをアピールするのが良いです。そのようにすることで男性としては将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすいのです。そして、ムダなく無理なく婚活を進めていけるでしょう。

結婚活動中のデートをするなら、ファッションやメイクだけでなく、靴にも気を配らなくてはいけません。

婚活中のデートをするときには、ファッションやメイクだけでなく、足元まで気を配っておかなくてはいけません。デートの時に履く靴は思いのほか注目されるところでもあります。そんなわけで、気をつけなくてはいけません。女性らしさは結婚活動をする上で、最重要事項と言っても過言ではありません。ファッションやメイクなどと同じで、靴も女性らしさをアピールするための道具なのです。ボーイッシュなイメージで、女性らしさを感じさせないローファーやスニーカーなどの靴は避けます。さらに、高さのないフラットなパンプスも女性らしいとは認識されません。及第点といえるのは、3センチ幅のヒールのある靴がシチュエーションには適している、とおぼえておきましょう。ただし、ヒールはほどほどが肝心で、7センチを超えてしまうと、脚はきれいに見えますが、妻にすることに警戒されてしまい、関係が続かなくなるキケンもあるので、履かないほうが良いでしょう。