「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と格言のように言われているわけです。そして、…

男性の胃袋を掴めばいいと昔から言われているわけです・・

「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と昔から言われているわけです。そして、おおむね正しいといえます。なぜかというと、結婚をすると、一緒に暮らすことになるわけですが、そうなれば、もちろん、一緒に食事を行うため、料理ができて家事が苦にならない女性が必要とされているからです。しかし、「あなたはどういった料理が得意ですか?」と相手に質問されたとき、カレーライスやパスタと返答するのはタブーと心得ておきましょう。男性というのはパスタでは充足感を得られません。また、カレーは市販のルウがあればいいので、一から手作り、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性はガッカリするでしょう。「あなたの得意料理は何ですか?」と質問されたとき、お勧めしたい答えは親子丼。気取ったイメージはありませんし、家庭的な雰囲気がありながら、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しいメニューでもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。ですので、実際に作成練習をしてみてください。

婚活でやっているパーティーは、選ぶ立場でもあります…

婚活パーティーは、女性であるあなたが相手を選ぶ立場でもありますが、その逆に、相手から選ばれる立場でもあります。また、この婚活でするパーティーは、好意をもった相手から選ばれないことには意味がないのです。沢山の参加者から選ばれるようにするためには、コツを理解しておかなくてはなりません。婚活イベントとして行われるパーティーの場では、多くの場合1対1で、参加者全員と話しをするチャンスがあるものです。出会うタイミング、分かれるタイミングの2回、良い印象を与えるために、笑顔を見せるんです。それで結果は大きく違ってきます。とても簡単なことですが、結果がかなり違ってくるのです。会話は、相手のことを深く知るまでの時間はないので、楽しい雰囲気を出しているだけで、相手も良い気分でいてくれます。でも、コツとなるはじめと最後の笑顔については、きちんと、相手に好意が伝わるように、そしてそのうえで、100%あなたのことを素敵な女性だな、と感じてもらえるように素敵な笑顔を忘れないようにしましょう。笑顔があるのと無いのとでは結果は相当に違ってくるので、良い婚活となるように、がんばっていきましょう。